TOTOトイレにリフォームしました

震災対策をしよう

近年話題になっている耐震診断ですが、住む家の耐震診断も良いのですが、それ以外にもしっかりと震災に関して対策を取らなければいけません。

対策をしておいて損をすることはありませんからね。

阪神淡路大震災では、建物自体は大丈夫でも、多くの家具が転倒したり落下して家具の下敷きになったり、割れたガラスなどで怪我をしたといった被害が出ました。

家具の転倒や落下で怪我をするだけではなく、倒れた家具によって部屋の出入り口や廊下が防がれて避難が困難になることもあります。

常日頃から家具の固定や配置に気を配り、震災に備えてください。

備えあれば憂いなしです。

そして、地震が発生した際に行った方が良い事を幾つか例に挙げてみます。

 

家の中にいる場合、揺れのレベルによっては動かない方が良い場合もあります。

状況に応じて適切な行動を取ってください。

 

身の安全を守る

当然の事ですが、身の安全を守るのが優先です。

急いで机や家具の下に身を隠したり、家具の少ない場所へ移動しましょう。

机やテーブルが少ないが無い場合、座布団や本などで頭を保護してください。

家屋や同居人の安全を声などをかけて確認することも大切です。

決して慌てて外に飛び出したりしないでください。

瓦やガラスの破片が落ちてくる事もあります。

 

 

脱出場所を確保

地震の揺れが大きいと、ドアや窓が変形してしまい開かなくなる事があります。

そうなった場合、室内に閉じ込められてしまいます。

身の安全が確保されたら揺れの合間を見てドアや窓を開けて脱出できる様に道を確保しましょう。

 

火元に注意

万が一火を使っていた場合、揺れが小さいとすぐに消すことが出来ますが、揺れが激しい場合は揺れが収まってから火元の始末をしてください。

火が出ていないとしても、カスの元栓は確実に閉めておいた方が良いです。

停電から普及した際に起こりうる、通電火災防止のためにも電気のブレーカーを切る事も良いと言われています。

 

油断大敵

大きな地震のあとには余震が発生する事があります。

倒れかかっている家具や家電にはあまり近づかない方が良いです。

余震によってそれらが転倒する可能性があります。

テレビやラジオなどでしっかりとした情報を入手してください。

今は携帯も普及しているので、それらを利用するのも良いのではないでしょうか。

 

常日頃から、地震が起こった時の事を想定していれば、慌てふためいてパニックになる事が少なくなるはずです。

何も対策や想定をしていなければ確実にパニックになります。

耐震診断ももちろん大切ですが、この様な対策も大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*